最初から恋愛目的で出会いを探すよりも、飲み友、友達、暇つぶし会話目的で探すのもあり

皆さんはどのような理由で「出会い」を求めていますか?
スマートフォンの普及によって「出会いサイト」「出会いアプリ」がより身近な出会いの手段となっていると思います。

あなたが「出会いサイト」「出会いアプリ」を使う目的は、恋人探し?友達探し?趣味とも探し?
「出会い」というぐらいだから、出会いを求めて恋人探しをされている方も多いのではないでしょうか?
でも、使ってみたけど恋人ができないという人から、全く出会えない、自分の好みの相手がいないなどをよく体験記事で見かけます。

今回、私が体験談としてお話するのは、回り道もいいかもしれませんよ?というお話です。

実際にスマートフォンの完全無料「出会いアプリ」を利用した時のお話になります。

回り道というのは、恋人が欲しくて「出会いアプリ」を利用するけど、いきなり恋人募集!ではなくて、まずは目的を決めずに話すことから始めることです。

私の場合は、最初は暇つぶしのお話相手いないかな?ぐらいの軽い気持ちでアプリを始めました。

有料のサイトや、アプリと違って相手のプロフィールを見たり、メッセージを送ったりするのが無料なので、気になった人には片っ端からメッセージを送りました。

私が利用したアプリは、初回のメッセージが文字数が決まっていたので、返信したくなるようなメッセージを工夫しました。

例えば、相手のお名前がキャラクターの名前だったら、それに絡めたメッセージにするなどです。

メッセージを送る場合は「気になったのでメッセージを送りました。

よかったらお話しましょう」なんていう普通過ぎるものは、返信率が低いのでしっかり考えましょう。

次に実践したのは「返事がこなくてもあまり落ち込まない」ことと、「相手の希望する条件以外でもとりあえずチャレンジする」です。

まず「返事が来なくてもあまり落ち込まない」はそのまんまなのですが、元から返事が来ることの方が少ないと思っておいた方がいいです。

女性から話しかけたのであれば、男性は高確率で返事するかもしれませんが、男性から話しかけた場合は、返事は少ないことの方が多いです。

いちいち返事がこない・・・、何が悪かったんだろ?あー、と落ち込んでいたら話になりません。

出典 https://deaikei-map.jp/ 全国出会い系マップ
出会い系サイトアプリ2018比較ランキング!無料で楽しくなる

次に「相手の希望する条件以外でもとりあえずチャレンジする」は、相手の希望条件をまったく見ないのは問題外ですが、気にしすぎもチャンスを減らすということです。

例えば、相手の趣味が海外ドラマ鑑賞で、あなたの趣味も海外ドラマ鑑賞なら話すきっかけになるので、プロフィールを見るのは大切です。

希望条件に20代まで。

と書いてあった場合に、あなたが30~32歳ぐらいだったらとりあえず話しかけてみるのは「あり」だと思います。

もちろん、年齢のことを話して話しかけるきっかけにするのもありだと思います。

あまりにかけ離れている場合は、迷惑になるので気を付けてください。

今まで話してきたことで何が言いたいかといいますと「チャンスを狭めないでください」ということです。

自分の目的が恋人募集だから、同じ目的の恋人を募集している人だけにしかチャレンジしないとか、趣味友募集、飲み友募集の人に話しかけないなどです。

もしかしたら、趣味の話から、意気投合して恋人になることもありえます。

飲み友募集から、飲みに行くようになって恋人関係になる可能性もあります。

私はこうやって無料の「出会いアプリ」で飲み友、趣味友、ペットを相談しあえる相手、もちろん、恋人になった人もいます。

最初から目的を限定してチャンスを狭めるより、ゆっくり回り道をしてみるのも手です。